ete coffee ~Vietnam|鎌倉ウインドサーフィン

  • 年中無休:10:00~18:00

    0467251717

    神奈川県鎌倉市材木座6−22−6

  • ご予約・お問合せフォーム
    • facebook
    • instagram
facebook instagram TEL

SHOP SCHOOL BLOG ACCESS 予約/問合せ

news

ete coffee ~Vietnam

news 

Coffee trip 続 ベトナム編

ベトナムで穫れるコーヒー豆はロブスタ種がほとんどで、そのままで美味しく飲めるものもありますが、
多くはブレンド用です。アラビカ種と混ぜ合わせるための物がほとんどだそうです。

単体では味の劣るコーヒー豆であるから、ベトナムコーヒーは独自の飲み方の文化が発展したようです。
植民地時代のフランスの影響もおそらくあり、アルミのフィルターで濾して飲みます。

ブラックコーヒーなのに甘い感じがします、フレーバーコーヒーとはまた違う深みのある味わいで、
その秘密はバターで味をつけています。このバター、オイルと言っていいと思いますが、
焙煎時に香りと味を加えている感じです。
ベトナムでポピュラーなコーヒーは、アイスコーヒーのミルク入りです。
カップの中に予めコンデンスミルクが入れられており、専用のフィルターで入れたコーヒーをカップに足して混ぜて飲むスタイルが主流です。

僕も数度、このとても甘くて濃いアイスコーヒー飲みましたが、最終的にはミルクなし、ブラックでオーダーしていました。それでも、バターで仕上がっているので、十分甘いフレーバーです。

自分の好みではないけれど、旅の最中はこれが基本になるので、コーヒーといえば、これ!

と舌も気持ちもこれにフィットしていき、これが好きになります。
おもしろいものです。

そして、彼。
名前を2、3度聞きましたが、覚えられませんでした。。失礼しました。。
ここからコーヒー豆談義が延々と始まりました。
僕も質問攻めしましたが、彼もあれこれ、あれこれ。

最後は裏から特別なコーヒー豆を出してくるまで、話し込みました。この特別なコーヒー豆に次の投稿で書きたいとおもいます。

そして、このブログではベトナムのバター仕上げのコーヒー豆があるという事を伝えたくての、投稿です。
本来はアルミのフィルターで濾して飲みますが、eteではペーパーフィルターでドリップしました。
やや油味が濾しとられて、すっきりした味わいですが、まさしく、ベトナムコーヒー。
これくらいのほうが日本では飲みやすいかなと、思いました。
お好みでアルミフィルターでも入れられます。
アルミフィルターですと、さらに、濃く、ちょっと濁りがある、ワイルドな味になります。

ページトップへ戻る