Gayo organic arabica   ete coffee|鎌倉で海に一番近いウィンドサーフィン、スタンドアップパドルスクール「ファーイースト」

  • 年中無休:10:00~18:00

    0467251717

    神奈川県鎌倉市材木座6−22−6

  • ご予約・お問合せフォーム
    • facebook
    • instagram

お知らせ

Gayo organic arabica ete coffee

お知らせ 

『インドネシア スマトラ島 コーヒートリップ』
3月はインドネシア産の豆たちが ete に揃っています。

まずはラベル表記を翻訳してみました。

「ARABICA RED CHERRY GAYOコーヒーはアチェ州のベーナー・メリアで栽培されています。
RED CHERRY GAYOコーヒーは、コーヒーの本当の赤いチェリーを使用し、プレミアムで処理され、
コーヒーの欠陥値が1%以下になるように手動で選択されます。
コピアラビカレッドチェリーガヨは香りが非常に優れていて、体は非常に強く、味は非常に強いです。
その優秀な優位性のために、それは恋人がそれをRajo Kopi Gayoと呼ぶのは不思議ではありません。
もちろん、RED CHERRY GAYOのコーヒーは有機的に栽培、加工されています!」

まずは何も読まずにいつも通り、飲んでみたところ、その味の濃さにびっくり!
口に残る香り、苦味が強く、こういうのがコクって言われる要素なんだろうと思いました。

インドネシアは赤道直下の国です。
面積は日本の5倍ほどで、ジャワ島、スマトラ島、スラウェシ島、カリマンタン島などの島を主に、島の数は13,466島と、世界で一番島が多い国です。
観光名所としても有名ですが、島全体の高度が高く、北回帰線・南回帰線に囲まれた島で、気候的にコーヒーの生産にも向いているのです。
コーヒーの生産量は世界で3番目。有名な銘柄は「マンデリン」の他にも「トラジャ」という銘柄のコーヒーもあります。
マンデリン・ガヨマウンテンはスマトラ島で栽培され、トラジャはスラウェシ島で栽培されています。
スマトラ島ではどうりでストレートなマンデリンを探しても見つからないわけでした。

ガヨマウンテンはインドネシアでも“幻”と言われるアラビカ種のコーヒーです。スマトラ島の最北部である「ガヨ高地」にて栽培されています。

このガヨ高地は古くからインドネシアで採れるコーヒーが非常に良質なことは知られていましたが、イスラム教の戒律が特に厳しく排他的な土地柄だったので、観光客は勿論、近隣地区との付き合いも殆ど無かったのです。

それが原因したのと、また生産量が非常に少なくて、輸送手段も人に頼るしかない奥地だったので、長い間他のロブスタ種のコーヒーやマンデリンなどのコーヒーに混ぜられるなど長くその存在を知られることはありませんでした。

1984年インドネシア政府が石油に代わる外貨の獲得手段として、このアチェ地方を一大国際観光地に開発する計画をスタート。そのとき、観光の重要な柱としてコーヒーに注目したのがきっかけでこのガヨ高地の優れたコーヒーにスポットライトが当ったのです。

 

それ以来、このガヨマウンテンは化学肥料を一切使わない自然農法栽培で、実を一粒一粒を手摘みし、同じスマトラ島で栽培されるコーヒー豆は「スマトラ式」と呼ばれる精製方法を行なっている一方でこのガヨマウンテンは「水洗式」で精製されています。

ガヨマウンテンは焙煎度合いによって味の違いがあって楽しいです。ミディアムなら柔らかい酸味と苦味のバランスを楽しめますが、シティ以上の深煎りで飲む方が多く、キリッとした苦味を堪能するのがお薦めです。

それ以来、このガヨマウンテンは化学肥料を一切使わない自然農法栽培で、実を一粒一粒を手摘みし、同じスマトラ島で栽培されるコーヒー豆は「スマトラ式」と呼ばれる精製方法を行なっている一方でこのガヨマウンテンは「水洗式」で精製されています。

ガヨマウンテンは焙煎度合いによって味の違いがあって楽しいです。ミディアムなら柔らかい酸味と苦味のバランスを楽しめますが、シティ以上の深煎りで飲む方が多く、キリッとした苦味を堪能するのがお薦めです。

だそうです。ほとんで引用ですが、調べてみると、非常におもしろい。
コーヒーをフィルターにして、旅をしたり、歴史、地域、環境、経済を見るとほんとおもしろい。

波も良し!コーヒーも良し!
(しかし、現地では美味しいコーヒーは全く飲めず、砂糖、ミルク入りの顆粒のものしか無く、持ち込んだ前で楽しんでいました。)

まだまだ鮮度は良いですが、湿度のある季節になってきたので、お早めに!!
ペーパーハンドドリップ ブラックコーヒーのみ 300円

old note & afterward

ページトップへ戻る