K4 fin|鎌倉で海に一番近いウィンドサーフィン、スタンドアップパドルスクール「ファーイースト」

  • 年中無休:10:00~18:00

    0467251717

    神奈川県鎌倉市材木座6−22−6

  • ご予約・お問合せフォーム
    • facebook
    • instagram

news

K4 fin

news 

For wave sailer
K4 fin のテストフィンが届きました。
全てのサイズはありませんが、幾つか、各ラインナップが届きました。
今乗っているウェイブボードで更にパフォーマンスを求めている方、
K4 fin を試してみて下さい。
オーバーセイルの時、ボードのリフトが強すぎるとか、ターンの時にフィンが抜ける。
よりドライブさせたいという方にはぴったりです。

グラハム・イジー モデルの Assy も10cm/カント2度 8cm/カント/1度 がありますよ!

イギリス生まれのモールドプラスティック製フィン”K4”。G10やカーボン素材がフィン素材であるという常識を覆し、マルチフィンボードの流行と共にプラスティック素材のフレックスがもたらすグリップ性能と硬いフィンでは抑えきれなかったボードの暴れを抑制、そして何よりもコストパフォーマンスにおいての革命も相まって一気に世界中に広がっていった。多様なフィン形状とサイズ、Fin Box形状もUS、FCS、FUTUREと様々なラインナップが揃っている。

K4フィンの特徴
K4フィンは、鋳型による一体形成構造で、素材はプラスティックとグラスファイバーの合成素材で形成されています。

テンプレートやフォイルは、従来のG10フィンとほぼ変わらず、フィンサイズのチョイスの仕方も同じ考え方だ。

しかし大きく異なるのは、材質や異なるデザインの特性を生かした”フレックス”性能がもたらす波の中でのグリップ性能やドライブ性能、コントロール性能といったパフォーマンス探求への多様性とパフォーマンス向上への可能性の拡張が、1本のボードの乗り味をいくつにも変化させてくれるということ。

またコストパフォーマンスにおいてもリーズナブルで、ユーザーにとっては多くのアドバンテージをもたらしてくれる、今まで在るべくして無かったマルチパフォーマンスフィン。

ページトップへ戻る