スポックのために|鎌倉ウインドサーフィン

  • 年中無休:10:00~18:00

    0467251717

    神奈川県鎌倉市材木座6−22−6

  • ご予約・お問合せフォーム
    • facebook
    • instagram

freestyle

スポックのために

freestyle 

バルカンが出来てスポックを練習している方、スポックはメイクしてるけど安定しない方に。

  

1、アプローチはアビームです。バルカンと同じ

 

2、引き込み。重要!バルカンと同じ

 

3、ここからバルカンと変わって行きます。セイルに貯まったパワーをバルカンは斜め上へ。スポックはより前に送ります。つまり低く飛ぶことでセイルパワーを回転力に使います。

スポック 

 

バルカン 

 
4、後ろを振り向き足を引きつける。ボードは回そうとしてはいけない。スポックはセイルトリムです。  
5、着水 。次にスポックで重要なのはマストが風下に倒れないこと。これが出来てないとボードが180度以上回っても裏風に潰されます。風下にマストが倒れなくするのには色々やり方があります。最初からマストジョーの近くを持つ。飛びながらジョー近くに持ち変える等あります。

 
6、 100%前足加重。

 
7、 加重の位置。以外と意識してない人が多いですが、100%前足加重はバルカンとスポックで位置が違います。バルカンはつま先に加重することで長いバックスライドになり、インレールが入るので回転が止まります。スポックはアウトのレールを入れる様に足の外側に加重してあげるとボードが綺麗に回転します。ボードが180度以上回っても内側に倒れて沈する人はこれが不十分です。ただ、意識すると難しいのでスライドしたら進行方向を見るようにすると自然にできます。

 
8、ここまで出来たら後はスイッチスタンスヘリタックです!微風のクルクル、大事ですね!

   
   
梅雨はなかなか吹きませんが、吹いた思いっきり練習しましょう!

ページトップへ戻る